ノベルティで思い浮かべる商品

ノベルティと聞くとどんな商品を思い浮かべますか。一番身近なのは駅前などで配られているティッシュではないでしょうか。販売促進を行うための商品ですからティッシュは当てはまります。ノベルティをよく用いる業種といえば金融業や保険業、自動車ディーラーなどでしょう。銀行などでは預金をするといろいろ商品を貰えますね。ティッシュや食品ラップ、タオルなどを見かけます。また保険の営業の担当者からはカレンダーやタオルを頂いたり、書類を記入する時に使ったボールペンや書類を入れたホルダーなどもそうです。新聞の折り込み広告で自動車や不動産の広告でご来場の方にプレゼント、さらにご契約いただくとさらにプレゼントというのをみてとりあえず行ってみたということはありませんか。こういう場合に使われる商品はあまり安っぽい商品では顧客は見向きもしません。


来場してもらうことができるだけの商品でなければなりませんが、来場だけでまだ契約されていないので儲けにはなっていませんので高い商品では割が合いません。そこでよく使われるのがお菓子などの食品や洗剤などの生活雑貨です。さらに成約したときには時計や電化製品などが使われます。ノベルティーグッズも用途や予算で選ばれています。私は、企業が制作する非売品のノベルティグッズをコレクションしています。このコレクションをはじめて、すでに20年以上になります。ノベルティグッズの魅力は、一般人が手に入れようと思っても、なかなか手に入らないところにあります。ごく限られた関係者か、関係者にコネクションのある人物でないと、手に入れることはできません。このコレクションをはじめた当初、私は全国各地にある古物商や、アンティークグッズの即売会などを訪れ、グッズを購入していました。しかし、インターネットが普及し、インターネットによるオークションが一般的になってからは、もっぱらオークションサイトをのぞき、掘り出し物がないかどうかチェックするようになりました。オークションサイトを利用することで、長い間探していた希少なグッズが手に入ったり、高価すぎて手が出なかったグッズが格安で手に入ったりして、私のコレクションはより充実したものになりました。


一方で、私が所有していたコレクションのいくつかをオークションサイトに出品して、思いがけなく高値で落札されたこともあります。私はこれからも、ノベルティグッズのコレクションを楽しみながら続けていくつもりです。