街角でよくバルーンアートが観られますね

うちの子供は小学校の中学年になりますが、まだまだ風船が大好きです。スーパーへ買い物に行くと、風船を配っている光景をよく目にしますよね。うちの子も必ずといっていいほどもらいに行きます。子供はなぜ風船が好きなんでしょうか。いや大人も一見は覚めた目で見ているかも知れませんが、やっぱり風船が好きな人は多いと思います。ふとした街角で、いろんな動物を長細い風船で真似て作るバルーンアートの光景をよく目にするようになりました。子供はもうその世界に釘付けですよね。大人だって一緒になって見入ってしまいます。風船って丸くて角がない形がいいのではないでしょうか。子供の力でも軽くたたけばその分空中に浮き上がり、そしていつか割れて消えてしまうか、しぼんでしまうといった、はかない姿に可愛らしさを見出しているようにも感じます。

出産祝いにバルーンを贈ろう

友人の出産祝いに何かインパクトのある面白いものをしたいと思い、ネットで色々探していたら、おむつケーキというのを発見しました。見た目もすごく可愛くて大きくてインパクト大、しかもちゃんと実用性があるということで、これにしようと決めました。オムツケーキだけでも可愛いと思ったのですが、オプションでバルーンが付けられるとのこと、最初は要らないかなと思っていたんですが、口コミでバルーンを付けて贈ったらすごくインパクトがあったみたいでサプライズで大喜びしてくれたと書かれてあったので、オプションを付けることにしました。遠方に住んでいる友人に何も言わず贈ったら、かなり興奮した声で「すごいの送ってくれてありがとう!みんなでビックリしてたところよー」と電話がありました。生まれたての赤ちゃんのお部屋が明るくなったと喜んでもらえて嬉しかったです。

中高年の方の記念日にもバルーンを送ってみよう

誕生日や記念日にお花を送ることは最近では当たり前のようになりましたが、お花だけではちょっと味気ないなぁと思ったことはありませんか?そんな時にバルーンを一緒に付けてみることをおすすめします。欧米では誕生日や記念日にバルーンでお祝いすることは一般的で、とてもカラフルでポップなものが相手に贈られるそうです。イベントごとが大好きな欧米人らしい楽しい演出だなと思いますが、日本人でも嫌いな人はいないですし、贈られればきっと誰でも嬉しくなるはずです。むしろ、プレゼントが立体的になって、より一層豪華に見えるので、贈った人もお得ですね。バルーンは小さい子がもらうもの、遊ぶものという概念を覆して、母の日や父の日、敬老の日などに贈ってみるのもインパクトがあって楽しいサプライズプレゼントになるのではないでしょうか。

伸芽会の教室は東京と関西に20校以上。アクセスも便利で、通い易い環境になっています。 非公開が多いため、小学校受験の入試問題は間違った情報が広まることもあります。 乳幼児期の脳への刺激が脳の働きに影響を与えると言われています。 受験内容を公開しない小学校が多いなか、合格実績に基づいてカリキュラムを開発しています。 小学校受験のための高い学力をご希望の方はこちら